防犯フィルム





道具を使ってクレセント錠付近のガラスを割り、手を入れてクレセント錠を回して侵入します。

ガラス破りによる進入被害は、5分以内にガラスを破れないと侵入を諦めるといわれています。
ですから、5分かかっても大きな穴が開けられないグレードがお勧めです。
フィルムの厚みなどにより色々なグレードがあります。

クレセント錠の周りだけフィルムを貼っている窓をよく見かけますが、これはあまりお勧めできません。
勿論、なにもしないよりはいいのですが、防犯効果を高めるためにはガラス全面に貼ることが重要です。
ガラスは割られても強靭なフィルムでガラス窓をガードします。

当社では、破られにくい透明ガラス用フィルム、凹凸ガラス用フィルム等、多数種類をご用意しております。

また、ガラスフィルムにはガラスの貫通事故を抑制し、突風、爆風や、飛来物の衝突、人体衝突等によるガラス
の割れ被害の軽減効果もあります。


お住まいの防犯対策リフォームは 当店へお任せください! お客様のお住まいに合わせた 防犯リフォームをご提案いたします。 お見積り無料です。 お気軽にお問い合わせしてください。













          COPYRIGHT 2007~2013 セキュア関西 ALL RIGHT RESERVED.