防犯対策の心構え

近年悪質で強引な空き巣犯罪が増加しております。あなたの家のセキュリティは大丈夫ですか?
ほとんどの人は
「ウチは大丈夫」と思っています。
あらゆるすきを狙ってドロボーは侵入してきます。ワンツードアツーロックは当たり前の時代。
「防犯ガラス」「窓の面格子」「防犯カメラ」「センサーライト」などいろいろな対策があります。
ご家庭の事情・ご予算に応じて、空き巣や窃盗などの被害にあわない為の防犯対策を施してください
大切なあなたの財産と安全を守ってください。被害に遭ってからでは遅いのです。
この機会にぜひご検討してください。
空き巣の侵入手口
空き巣の侵入は窓からの侵入が70%以上と多くなっています。
空き巣の侵入手口は住宅の種類によって異なります。一戸建ての場合、ガラス破りが最も多く
中・高層住宅やその他住宅では無締りが最も多くなっています。
ちょっとした外出でもドア・窓に必ずカギをかけてください。
空き巣に狙われないための普段からの防犯対策
夜、暗くなったら室内の照明がつくようにする。外出するときは、家の明かりをつけておく。
周りの家に明かりがついているのに、一軒だけ明かりがついていないのは、
留守を知らせることになります。家の中に明かりがついているだけで防犯対策に効果的です。
玄関の明かりだけ点灯している家がありますが、これは外出中のしるしで意味がありません。
必ず家の中に明かりをつけておきましょう。
建物の四角を作らない。建物の裏手にまわられないような工夫をする。
侵入者は「侵入しやすい」四角のある家を狙っています。植木がうっそうとしている、防犯灯が
なく夜間暗いなど人目に付きにくい家は「侵入しやすい」ので狙われます。
又、道路に面している表側は人目につきやすいので、できる限り見つかりにくい裏手に回って
侵入口を探します。裏手に忍び込めないような柵や、障害物を敷地内に設置しておくことが大切です



          COPYRIGHT 2007~2013 セキュア関西 ALL RIGHT RESERVED.

TEL0120-998-987
受付時間 平日9:00~18:00 年中無休